株安でますます不景気風が

米国、日本の株安で、中小、中堅企業の間では、かなり不景気風が吹いている。

入金のずれ、入金のキャンセル、保証債務の履行などが発生し、
主に日々の営業で売上で稼いでいる企業は入金遅延や持ち出しが多くなると、
キャッシュフローが回らなくなる。

かなり危ないゾーンに来ている企業数が増加していると思う。

証券会社等のレポートでは、復旧需要で秋には景気回復か、
という内容があるが、本当にそうなの思ってしまう。

もちろん、潤っている業種もあるが、
決して楽観してはいけないと思う。

この記事はカテゴリ:経営コンサルティングに投稿されています。パーマリンクをブックマーク