自社のESG戦略をIR担当者は知らないといけない

IRUpdateによると、IROは、自社及び自社の属する業界のESGリスクを

知っておく必要があるとのこと。
それにより、自社のESGがどの程度のレベルになっているのかがわかってくる。
その上で、自社のESGに関するIRコミュニケーションを取る必要があり、
その際に目標と優先順位を決めるべきだ。
とのことだ。
IR担当者の守備範囲もどんどん広くなってきている。
この記事はカテゴリ:IRに投稿されています。パーマリンクをブックマーク