今年の株主総会について

浅薄な経験ですが、今年の株主総会に関して気が付いたことを書いてみます。

1.震災の全社的な影響を把握しているか。今年の想定質問で最も多いかもしれません。
2.議決権電子行使プラットフォームへの参加要請が機関投資家からきていないか。
招集通知に必要です。
3.英文招集通知が必要かどうか。まだ間に合います。日本語よりまだ納期が長いです。
4.ROEなど株主が重要視している投資指標について自社の数値を把握しているか。
5.事業のグローバル化についての要請、質問があった際の対応はどうか。
6.総会当日は、定足数を満たすことができるか。
7.独立社外取締役はどうするのか。
8.議決権行使結果の公表への対応準備はできているのか。
9.節電の実施状況、実施予定の説明
10.総会で使う映像、総会を中継する映像の準備は最終段階ですよ。

などです。
総務部株式課の皆様、ぜひ乗り切ってください。

この記事はカテゴリ:IRに投稿されています。パーマリンクをブックマーク