M&Aを行う際に、デューディリで利用するバーチャルデータセンター。

最近、大きなディールでは日本でもよく利用されている。
この事業を行う企業はまだ多くない。
秘密保持契約を結ぶだけで、情報が筒抜けになっている場合もある。
バーチャルが完全だとはいえないのが、
ソニーの最近のハッカー事件だが、
紙がコピーされ出回るよりは、まだ安心だ。