M&Aの仕事をしていると、基本的に両側の社長の一方だけではなく、

両社がハッピーになるようなスキームを考えなくてはいけない。
これが難しい。
上場企業の社長同士で引き合わせることもあるが、
実務レベルに落ちていくと、いきなり自社のメンツが出てくる。
もちろん両社をグリップしているつもりではあるが、
M&Aはグリップ力ではうまくいかない。
いかに両社が納得できるところまで落とし込むことができるかが勝負だ。
現在の経営環境から、売りの方の値段は高くつくことが少ないので、
売り急ぐ企業も出てきている。
そういったことが必要であればアドバイスする。
難しい経営環境なので、環境変化を読むこともM&A事業者には必要だと思う。