期末にキャッシュフローと利益の額だけで生保を決めないほうが。。。

3月決算が多い中、経営者は節税などのために

生保の加入を考えている方々が多いと思います。
ここで、少し立ち止まってほしいですね。
まず、例えば、今期、年払いで払える保険料は来年以降も毎年払えますか?
保障額は、生保を販売される方の金額でいいですか?
節税したいだけの額の保険料を入ればいいのですか?
ここは、顧問税理士の先生とよく語り合ってください。
もしご不安であれば、経営者の方も、税理士の方も、生保を販売される方も、
当社にご相談ください。
できる限りのアドバイスをさせていただければと思っております。
経営者の皆様には、税務的な側面から、
税理士の皆様には、保険の仕組みを、
生保を販売される皆様には、どういう保険が最適なのか、
お話させていただきます。
この時期、将来に禍根を残さないようにしましょう。
まだ数週間あります。
この記事はカテゴリ:保険に投稿されています。パーマリンクをブックマーク