顧問業がブームだ。

顧問になりたい人が増加中。
定年になった方々が、元気で頑張っている。
家にいると妻に嫌がられるということもあるらしい。
顧問を派遣します、というビジネスモデルの会社もいくつかある。
ところが、顧問を受けいれる企業が思いのほか少ない。
顧問を受け入れる金銭的余裕がないからだ。
顧問業がブームというのは、顧問になりたい人の一方的な、恋い焦がれなのだ。
当社にも社長が一緒に顧問という方を連れてこられることもある。
稀なことだが、顧問がその会社に役に立っているのだろう。
実は、当社にも当社の顧問になりたい方が、たまに来られる。
残念ながら当社も余裕がない。