証券仲介業の時代になるのか

私がイギリスに住んでいたころは、

会計士や弁護士が投資信託を売っているのに感心した。
米国では上場している証券仲介業がある。
ある証券仲介業者からお声がかかったこともある。
日本はまだ証券仲介業、IFAがそんなに根付いている気がしない。
しかし、生涯にわたる資産形成を、転勤しがちな金融マンではなく、
信頼のおける仲介業にお願いしている家庭が増加しているようだ。
日本では、証券を仲介業者が販売していく傾向になるのではないか。
お客様に身近なのは、やや敷居の高い証券会社より、
様々なことを相談ができる証券界仲介業者のような気がする。
相場がなんとなく回復傾向で、IPOも復活気味の中、
証券で運用する方が、さまざまな情報を入手し出した。
この記事はカテゴリ:証券業務に投稿されています。パーマリンクをブックマーク