中小企業経営者の多くは、自分自身で売上を上げないといけない営業担当者だ。

しかしながら、どういうわけか自分で決められない経営者が多い。
周りから見ているとひやひやする。
ここで、「買ってください」、「やってください」とはっきり言わないと、
雑談で終わってしまう、という場面をしばしば目にする。
商売チャンスは、多くはない。
見栄を捨ててはっきり商談を決めなきゃ。
言いきってしまって、だめになったことを、慮って言いきれない。
後悔することが多いだろうと私は思うが、
当の本人は、そんなことも思わず、十分な売り上げを上げきれずにいる。
もったいない話だ。
「ニーズがある人は、必ず買ってくれる!」という自意識過剰があるのかもしれない。