経営者から提示される自社の資本政策の株価を見て

疑問に思うことがかなり多い。
株式上場を目指す企業にとって、
1.コーポレートガバナンス
2.タイムリーディスクロージャー
3.コンプライアンス
は、最も重要だが、
資本政策ができていないと、将来の資金調達でかなり困ることになる。
株式上場は、業績から考えて数年先なのに、
すでに時価総額が数十億円にもなっている企業が多い。
株価を思いつきで決めている企業がどんなに多いことか。
株価は、株式上場、相続、M&Aなどで極めて重要だ。
多くの上場企業の資本政策を見てきたが、
最初から高い株価で自社株をVCに渡して、
その後の資本政策に困ったことがかなりある。