日本FP協会試験委員

日本FP協会の試験委員は、確か、

CFPをとって3年経過をすると試験委員の公募に応募できるのだったと思う。
やり手がないのか、該当する方には頻繁にメールで応募の依頼案内が来る。
しかしながら、実際は応募者多数らしく、ほとんど落選しているのではないか。
人数や選考過程などがあまり良く公表されないのがFP協会らしい。
実際、本試験の点数の配分もやや不明確で、
総会などでも会員から様々な質問が出るが、情報開示がいまいちのような気がする。
でも、大きな会になり、後に続いて協会というものを作ろうとする方も増えた。
しかしながら、収益になるには時間がかかるし、少人数ではなかなか成功しない。
今日は、検定試験を作った方のM&Aのご相談を受けたが、
なかなか買い手は見つかりそうもない。
この記事はカテゴリ:FPに投稿されています。パーマリンクをブックマーク