年末の同期会

この時期は忘年会ついでに様々な同期会がある。

特に、大学を卒業して、社会人になった、
最初の会社の同期会は、
威張りもせず、卑屈にもならず、
気さくに昔の話もしやすい。というか、そういう年頃になったのであろう。
ここまでくると、サラリーマンとしての出世より、
ライフプランの相談が多い。
何も知らずにサラリーマンで終わっていのか、
とか、
定年退職を迎えるにあたっていくら持っておいた方がいいのか、
など妙に行く末を憂えたり、
同年代の亡くなった方々の話題も多い。
わたくしなんか浅い経験しかないので、
人生経験豊富な方々のお話に耳を傾ける。
多分、われわれの世代は、サラリーマンで終えるか、
ここで独立するか、最後の判断をする年代だと思われるのだろう。
適切な判断を出せるかどうかわからないが、
何にかみんなたくましい。
この記事はカテゴリ:日本橋一丁目日記に投稿されています。パーマリンクをブックマーク