金商法

この1カ月関東財務局にお伺いをたてることが増えてきた。

わたくし自身は、国内最大手の某最大手N証券にいた関係もあり、
大蔵省証券局には出入りした経験があり、
細かいことには慣れているからまだ多少大丈夫だが、
本当に、まだ官庁丸出しの部署のような雰囲気なのが関東財務局。
この官庁が必要なのはよくわかる。
提出、承認などの工程を全部ここでつかんでおく必要があるからだ。
今月上旬発売されたジュリストの特集は、
金商法をめぐる最新動向
だったような気がする。
証券業界の方々は、みな金商法を気にしているからこの特集になったのだと思う。
当社も官庁相手の仕事も増えてきて、
法律関係の書籍にもなるべく目を通している。
この記事はカテゴリ:証券業務に投稿されています。パーマリンクをブックマーク