日本株の低迷で上場廃止基準抵触社数増加中

直近はそうでもないが、全体的な日本の株式市場の低迷で、

上場企業が証券取引所の時価総額基準で引っ掛かり、
上場廃止になりそうな企業がかなり増えているような気がする。
正確には数えていないが、数社からご相談がある。
事業計画を書いたり、IR活動を積極化しなければならない。
こういう事態になった理由には、なかなか経営者が危機感を持たず、
今更ながらあわてているケースが多いようだ。
上場経営者は様々な側面でリスク管理をしていかなければならない。
周りに有力な企業参謀が必要だ。
この記事はカテゴリ:IRに投稿されています。パーマリンクをブックマーク