「落日燃ゆ」城山三郎著

久々に小説を読破しました。

ご存知、広田弘毅の生涯を描いた小説。
泣けますね。
「自ら計らわぬ」人生を歩んだ広田。
広田の人生と、裁判の詳細、感動しました。
最近、いくつかの小説を並行して読んでいます。
今さらながらと思われる小説もあります。
「落日燃ゆ」も今さらながらと思われるかもしれません」
でも、昔の本も感動したり、なるほどと思うことが多いのです。
この記事はカテゴリ:日本橋一丁目日記に投稿されています。パーマリンクをブックマーク