退職金の割り増しによる退職勧奨について

とうとう、人について手をつけていなかったある大手証券会社が

「解雇」ということに関して、遠慮なく手をつけ始めた。
その証券会社は、外資系の方々を受け入れたことにより、
元からいた日系の方々は高給を得るが、
いつクビになるかもわからない。
当然、外資系出身の方々はそういったことに慣れている。
その代わり、大幅な人制度改革なので、
今辞めると大幅な退職金増額だ。
これを機会に、と考えてるいる人も多そうだ。
今まで日系証券業界で、日本の慣習に慣れていて、
お客さまからも愛されていたドメスティックアナログ系の方々が、
消えていくのは、非常にさびしい。
この業界の、いわゆる「一般職社員」の行方はどうなっていくのだろう。
この記事はカテゴリ:証券業務に投稿されています。パーマリンクをブックマーク