上場企業の株式

ここのところ日々、上場企業の株式関係の案件に携わっている。

特に、業績悪化企業の経営権や株式譲渡、株価に関することが多い。
上場してしまうと、だれでも株式が売買できるので、
上場企業は株式に関してかなり神経質にならざるを得ない。
多い相談は
1.上場後のビジネスモデルが確立できないので、新しいビジネスを取り込みたい。
2.業績悪化で、黒字企業の買収をしたい。
3.ここのところの株式下落で、何とか株価を上げたい。
等が多い。いずれも一筋縄でいかない。
時間がかかることだが、いずれ解決の道筋が発見できるものばかりだ。
上場企業の数は多いといっても3600社程度なのだが、
個々の銘柄の悩みをすくい上げると、かなりの時間と人手がかかる。
今年は、これらの案件で、年が暮れそうだ。
この記事はカテゴリ:日本橋一丁目日記に投稿されています。パーマリンクをブックマーク