シーズ期のベンチャーの決め手はトップの考え方

創業間もない企業が、無事にスタートを切れるかどうかは、

トップの人間性と判断力に大きくかかっている。
事業に確信を持っているのか
・・・よく、何が儲かるかを今さらながら相談される
資金繰りに追いかけられる
・・・創業して、資金繰りに多くの時間を取られる経営者が多い
リスクをテイクできていない
・・・サラリーマンのころの考えが根深く残っており、いつも上司を探している
創業時は、ビジネスへの確信と自信を持って
チームワークを組んで、将来性を夢見てリスクテイクすることが必要だ。
近頃、上記のような相談を受けることが多い。
つまり逆に言うと、ベンチャー経営者が私の周りに増えてきている証拠だ。
経営者仲間が増えるのは喜ばしい。
この記事はカテゴリ:経営コンサルティングに投稿されています。パーマリンクをブックマーク