事業計画書の書き方

最近、持ち込まれる事業計画書はパターン化されたものが多い。

目次、エグゼクティブサマリーから始まり、最後は資本政策に終わる。
見させていただくには、大変ありがたい。
ただ、中身の数値の根拠が薄いものが多いのが玉にきず。
できるだけ、データ、根拠を用い、論理的に数値をはじいた方が、
説得力が増す。
ベンチャー熱がひょっとして日本でも復活するか期待したいところです。
この記事はカテゴリ:経営コンサルティングに投稿されています。パーマリンクをブックマーク