保険業界の状況

昨年度は大手生保は契約残高を減らした。
ソルベンシーマージンの算定基準が厳しくなり、日本株運用の絶対額も減ってくるだろう。

損害保険は、自動車保険の値上がりおこなわれるのと、そもそも入るのも難しくなりそうだ。
マーケット狭い分野への細分化された商品で損保は新規参入しようとしている。

このような従来型産業は、マーケット、契約数を拡大するしかなかなか収益が上がってこない。
海外進出、新商品開発などが今年度は続きそうだ。

数社のご支援をさせていただいているが、
レッドオーシャンだけに急成長はむずかしい。

ネット生保はどこまで持つのだろうか。。。

この記事はカテゴリ:保険に投稿されています。パーマリンクをブックマーク