社外取締役

東証も大証も社外取締役制度を上場企業に採用してほしい模様だ。
コーポレートガバナンスの観点からは、社外取締役はある程度役に立つ。

私も、以前、上場企業の社外取締役をさせていただいたことがある。
社外の人間が取締役会に出ると引き締まるようだ。
私も、わからないことは取締役会では積極的に質問するし、
私自身が判断する場合も、その上場企業にとっても重要な決断になる。
よく業界のことが分からないから、社外取締役が不要だと言われるが、
業界通であるかどうかはほとんど社外取締役にとっては不要だと思われる。
仲間内で行われていた経営判断に第三者の判断が入り、
「こんなことは業界外では知らなかったのか」とか言うことが分かり、
社外の一般常識がその企業に持ち込まれる。

米国では社外取締役はCEOの仲間内だったりするケースが多いが、
日本の場合は、社外取締役は完全な第三者のケースも多い。
行方が楽しみだ。

この記事はカテゴリ:経営コンサルティングに投稿されています。パーマリンクをブックマーク