多くの皆様にはご存じの通り、福田は通算20年IRコンサルティングを行ってきました。

お世話になった会社には、
ファーストリテイリングのように、私が不覚にもよもやと思われるほど
急成長した会社があったり、
アパレルのワールドのように、せっかく上場したのにMBOをされた会社があったり、
業績悪化で上場廃止した会社があったり様々です。

アイフルについては、私は株式上場前後にお世話になった会社です。
当時、全国の支社を回って幹部社員にインサイダー取引規制の研修を
行ったり、ディスクロージャーのコンサルティングを行ってきました。
上限金利規制、過払い金の請求の問題があってからは、
たまに、業務多角化の提案なども行ってきました。
以前、私は、第一住宅金融のお仕事もしていましたが、
その当時、担当の方が、
「不良債権の大きな波が押し寄せてくるのがわかる」
という風に、破たんの数年前に予知されておられたのが印象的でした。

以前も、このブログで指摘したように思いますが、
アイフルの社長も数年前に予知されておられたと思いましたが、
今回の私的整理になってしまいました。

企業は、
change or die
なのだと、あらためて実感した次第です。