マーケットが変わってきたぞ

業界地図が変動してきたような気がします。

中古車輸出業界
ここ1年くらい、ロシアが国内自動車販売の保護政策で、日本の中古車を追い出すために、
原則、右ハンドルから左ハンドルに切り替えたり、関税を高くしていました。
しかしながら、極東地域はいまだに日本車ファンが多くおり、しかも
右ハンド車がほとんど。関税を安くするため、日本でいったん半分に中古車を切断。
ロシア入国後、溶接して販売するそうです(NHK報道)。そうすると、関税も安くなり、
しかも格安。半分に切断されても、日本車を買い求める人が多いとか。

ウオークマン復活
この1カ月、とうとうソニーのウオークマンがi-podを抜き去った。
これで、ソニーが復活すればいいと思いますが。

これらは、業界のほんの一部ですが、
このリーマンショックで業界変動が激しくなってきており、
不況を糧にしている企業は勝ち組になりそうです。

最近の経営者の言葉でも、
「不況だと思っていない。ここで、普通に努力していれば、儲かる」
とか
「今回の不況で年末は眠れなかったが、リストラが強化され、利益率が
上昇し、かえってよかった」
などと聞きます。

それどころではない経営者がほとんどでしょうが、
こんなときでも何かをつかんで、成長したいものです。

この記事はカテゴリ:経営コンサルティングに投稿されています。パーマリンクをブックマーク