IPOを目指す企業に大して、何とかベンチャーキャピタルからの出資を引き出そうという
努力を当社は過去何年もやってきた。
さて、ライブドア事件以降、もうそんな企業はだめだろう、と思って、訪問してみると、
ところがどっこい生きているのですね。

つまり、ライブドア事件以前に、何とか上場しようとしたベンチャー経営者、
ベンチャーキャピタルから出資を受けて、その後、IPOが難しくなっても、
いつもビジネスモデルを刷新しながら、何とか企業としては前進しているのですね。
日本のベンチャー経営者は本当に努力をして生きながらえています。

あとは、政治です。政治だけは、日本は一流と言われたためしがないですからね。
選挙前だけいいこと言わずに、これから先は、銀行や政治家が企業の生殺与奪の権利を
持つような世の中にしないでくださいね。