銀行で保険商品を販売できるようになってしばらくたつ。

最近は、金融商品取引法の緊張が解けたのか、
定期預金をしに来たつもりが、いつのまにか年金保険に入ってしまっていた
という相談を受けることがある。

定期預金より、年金保険の方が金融機関にとっては、手数料になる。
その誘惑に駆られたのでなければいいが。

金融商品に疎い個人の預金者には時間をかけても、ルール通りの説明が必要だ。