「知の衰退」からいかに脱出するか?(光文社 大前研一著)

自分自身のことを棚に置いて書きますが、
この本を読んで、しみじみ思うことは、

本当に、日本人は最近ものを考えなくなったのではないか、

政治はこのままでいいのでしょうか
無策の経済金融対策でいいのでしょうか
このままのテレビ番組でいいのでしょうか

です。

杞憂でなければいいと思いますが。。。

この記事はカテゴリ:日本橋久松町日記に投稿されています。パーマリンクをブックマーク