株価の暴落で、思わぬことが起こってきています。

この↓ケースでは、上場企業の社長が自社から融資を受けて所得税を払っていました。
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20090103k0000m040076000c.html?inb=rs  (毎日新聞ニュース)

自社株暴落で、会社から融資を受け、ストックオプションの行使で得た所得の
所得税の支払いをしたようです。

社長が会社から20億円借金して、会社が11億円の貸倒引当金を計上しました。

株価暴落で、にっちもさっちもいかなくなったのでしょう。

個人的には、今月で株価の底を売ってほしいと思っています。

もう悲観はやめましょう。